スマートフォンとパソコン

電子製品にも扱われているフッ素コーティングの防湿効果とは?

電子基盤の保護に防湿効果のあるコーティング剤が必要な理由

ハードディスクやモバイル機器・パソコンなど、さまざまな電子機器には電子回路がプリントされた基盤が内蔵されています。このような電子基板はわずかな水分が付着しただけでも故障の原因となるため、基盤を保護するためのコーティング剤が欠かせません。
たいていの電子機器や部品の製造現場では、電子基板を保護するのにフッ素コーティング剤が使用されています。フッ素コーティング剤は他の種類のコーティング剤と比べて防湿性に優れ、電子基板の大敵となる湿気を防ぐ機能が最も高いのです。
電子基板が防湿性のあるコーティング剤で保護されていないと外部から侵入する水分に基盤がさらされ、絶縁性が損なわれたり錆が発生したりしてトラブルを招いてしまいます。電子基板の重量を増やさないために塗膜を薄くしようとする場合でも、防湿性の低いコーティング剤では水分からの保護機能が不十分です。
購入者がさまざまな場面で使用する携帯電話やスマートフォンなどのモバイル端末を製造する際には、雨の降る中や湿度100%の梅雨時に使われるようなケースも想定しなければなりません。そうした理由でモバイル端末にはほとんど例外なく、電子基板を保護するのに防湿性の高いフッ素コーティング剤が使われているのです。モバイル端末以外の製品であっても電子基板を内蔵する限りは、防湿性に優れたフッ素コーティング剤で基盤を保護するのが望ましいと言えます。

防湿効果のあるフッ素コーティング剤の特徴と主な用途

フッ素コーティングは、私達の生活の中では直接接する機会が少なく、フッ素コーティング剤その物を理解されていない場合も多く有ります。しかし、私達の生活の中で使用する電化製品を始め、スマホ等の携帯電話等の中に組み込まれている電子基板にはこのフッ素コーティング剤が使用されており、電子基板その物を保護する働きを持っております。特に防湿効果の有るフッ素コーティング剤は、電子基板の保護には欠かす事が出来ません。フッ素コーティング剤は、常温で使用する事ができ粘度の低い透明な溶液として塗布する事が可能で有る事から、一般的な防湿効果を持つ塗料と同様にスプレー方式等で塗布する事が出来ます。更に常温で乾燥させるだけで透明で防湿効果の有る被膜を形成する事が出来る為、熱に弱い精密な電子部品や繊維、皮革等の防湿保護にも適しております。一方、屋外で使用する場合には紫外線等の影響を受け易く、家の屋根や外壁等に使用する場合には1年を目途に塗布し直す等が必要になって来ます。又、耐熱温度が低く100℃から220℃程度である為、フライパン等の高熱にさらされる部分への塗布には向いておりません。更に、フッ素コーティング剤には撥水性や発油性、防汚性や絶縁性等の特徴を持っている為、日常生活の中の目に見える物から家電製品の中の目に見えない所まで幅広く使用されております。

防水防湿効果のあるフッ素コーティングで衣服や靴の付加価値アップ

フッ素コーティグというと、フライパンやお鍋の表面に加工するものを思い浮かべます。これはフッ素コーティングに油や水分をはじく撥水性や撥油性が備わっているためですが、フッ素コーティングにはほかにもたくさんのはたらきがあり、さまざまな製品に使用されています。フッ素コーティングには防湿性、防汚性、耐指紋性、防縁性、耐酸性などのはたらきもあり、スマホのタッチパネルへの指紋の付着を防いだり、金属部品が錆びることを予防します。ほかにも電子部品の絶縁保護・防水、工業基盤の防水・防湿などにも幅広く用いられています。
フッ素コーティングが活用されているもうひとつの用途が、衣服や靴に防水機能をもたせること。レインコートなどの衣類や靴の表面に吹き付けることで、雨や水分、湿気をはじき、衣服や靴が湿って水びたしになることを防いでくれます。防湿、防水、撥水効果があるフッ素コーティングは、このような用途に最適。衣類や靴自体の機能や材質を損ねることなく、防水や防湿機能をプラスしてくれます。衣服や靴にフッ素コーティングのスプレーを吹き付けることで、追加機能が付加され、これにより製品自体の付加価値がアップ。他の製品との間に差をつけることが可能になります。自社製品の価値をあげるためにも、防湿・防水機能を備えたフッ素コーティングを考えてみましょう。


「フロロサーフ」は引火する危険物は含まれていない、防水・防湿コーティングを施せるコーティング剤です!詳しくは『フロロテクノロジー』公式ホームページへアクセス!

雨

トピックス

基板

防湿防水がフッ素コーティングのメリット

水分は大気に含まれる形で、どこにでもあり、雨として物体を濡らすありふれたものです。しかし水分によってダメにされてしまう物も少なからず存在します。例えば建築材料には金属や木材が使われますが…

詳しく

水に濡れるスマートフォン

服や革製品に多く用いられている防湿効果とは

雨の日は服装や履物に注意をしたことがある人は多いと思います。また、持ち歩く小物についても素材を気にしてしまいますよね。革製品などは、雨や水にぬれるのがいちばんよくないのでお気に入りの物がある場合…

詳しく

水しぶき

フッ素コーティングの防湿防汚効果を示す身近な例

撥水撥油性とともに防湿効果を併せ持つフッ素コーティング剤は、電子部品や電子機器などさまざまな製品の製造に使用されています。フッ素コーティングは電子基板など目に見えない部分の保護目的に使われている…

詳しく

半導体

防湿効果の高いフッ素コーティングは電子部品の保護に最適

ダイオードやトランジスタ、コンデンサ、抵抗器などの電子部品を扱う工場では、コーティング剤を塗布することで部品を水や油から保護しています。集積回路や撮像素子、プリント基板なども含めた電子部品にとっ…

詳しく